赤ちゃんとお手てで話そう - きのくにベビーサイン

赤ちゃんとお手てで話そう - きのくにベビーサイン

ベビーサインって何だろう?
アメリカで生まれた育児法
ベビーサインとは、まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんと簡単な手話やジェスチャーを使って「お話」する育児法です。90年代中頃にアメリカで始まり、日本でも2000年以降、多くのママやパパが実践し、その素晴らしさを体験しています。ベビーサインを積極的に取り入れている保育園も少しずつ増えています。
※ベビーサインは日本ベビーサイン協会、および米国Baby Signs Inc. の登録商標です。
ベビーサインイメージ
お手てで身の回りにある物や気持ちを表現
普段の生活で目にするものや触れるものを、ママが「お手てで表現するとこうなんだよ」と教えてあげると、赤ちゃんはだんだんとママの手の意味を理解してきます。
しっかりお座りできる頃になると、赤ちゃんの方からベビーサインを使って自分の欲求や考えをママに伝えることが出来るようになります。
お手てを使って楽しくコミュニケーション
赤ちゃんにとって声を使って話すことは実はとても難しいことなのです。
きちんと発声するためには、口や舌、喉を細かくコントロールする必要があるからです。
でも手や指は比較的早くから自在に動かすことが出来ます。だからベビーサインを使うと赤ちゃんは喜んでコミュニケーションを始めます。おしゃべりをする前からお手てで「お話」した赤ちゃんはコミュニケーションの楽しさを早くから体験し、ママとの絆がいっそう深まります。
話し言葉の発達にも好影響があり、語彙が豊かになるという研究結果もあります。
どんなサインがあるの?
日本ベビーサイン協会では多くのパパやママ、そして育児に携わる方の為に日本手話やアメリカ手話の豊富な語彙の中から便利で簡単なものを選んで、ベビーサインとして紹介しています。
手話の手の動きが難しい場合は、分かりやすいジェスチャーも取り入れています。サインの数は無限大、個人差はありますが、赤ちゃんは60〜70のサインを使いこなせるようになります。
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
携帯サイトはこちら